Click here for menu

比較する

水筒は、御存知の通り、飲料を携帯する際の飲料用容器の事を言います。今でこそ、水道が整備され、自動販売機やコンビニ等ですぐにでも飲料が手に入る時代になりましたが、昔はそうはいきませんでした。 時代劇のテレビで目にした事があると思いますが、かつての水筒はヒョウタンや竹筒を使用していました。飲料を携帯する物が製造されておりませんので、自然や動物等を利用して、飲料を携帯しています。いずれも地域によって異なり、様々な水筒が、かつて存在していたのです。 現代の水筒は、比較的軽くて強度のあるステンレスやチタン等が使用されています。また、保温性に優れたニ重真空構造の物も開発されています。 このように、ヒョウタンや竹筒だった頃と比べると、格段に性能が上がり、年々進化しているのです。

1990年代に、ペットボトル入りの飲料が販売され、水筒の代替品としてペットボトルが使用されるようになります。これにより、水筒の需要は減少し、水筒業界は低迷する事を余儀なくされるのです。 しかし、近年では水筒を利用する方が増加しています。それは、自動販売機等で販売されている飲料には、糖分等、身体に悪影響を与える成分が含まれている為です。 現在の日本は、健康やダイエットに対する意識が向上しており、糖分オフやカロリーオフ等の商品が増加しています。その影響から、販売される飲料を避けて、自宅でミネラルウォーターや緑茶等を水筒に入れて、持って行くという方が増加しているのです。最近では、それをマイボトルと呼んでいます。 また、お金の節約にも繋がりますし、ペットボトルや缶等の資源の節約にも繋がっているのです。 日本は、昨年消費税が上がり、ますます財布の口が開きにくい状況にあります。今後もマイボトルを持参する方が増加する事は間違いないと言えます。